風吹かば吹け 浪立たばたて
今日は一日、冷たい雨の会津若松です。
昨日、札幌は11月としては1953年以来62年ぶりに40センチの降雪とニュースが伝えていました。

「ますらをが 心定めし 北の海 風吹かば吹け 浪立たばたて」
北海道十勝開拓の祖である依田勉三(よだ べんぞう)さんの和歌です。
北海道を離れて30年以上経ちますが、雪の季節になるとこの和歌を思い出します。
ちなみに、漢字は一緒ですが、私は依田で「よりた」と読みます。
勉三さんとは全く無関係です(笑)

無関係ではありますが、名前の漢字が同じで、私が帯広に住んでいたころ、自宅から500mほど離れた中島公園に勉三さんがクワを持って立っている銅像があってよく遊びに行っていたので勝手に親近感を感じています。

勉三さんは静岡から30余人で未開の十勝に足を踏み入れ、バッタの害、冷害、霖雨や日照り、そして厳寒の冬など次々と襲ってくる大自然の脅威に挑みながら必死の開拓だったそうです。
そして、勉三さんが開拓の末に興した晩成社(牧場)が、明治38年(1905年)に北海道で初めてバターを商品化したそうです。
北海道広尾郡大樹町(帯広と襟裳岬のほぼ中間にある町です)にある晩成社史跡公園には勉三さんが明治26年(1893年)に建て、大正4年(1915年)まで住んでいた住居を復元したものをはじめ、サイロ跡や上記の和歌が刻まれている歌碑などがあります。

さて、晩成社が北海道で初めて商品化したバターは「マルセイバタ」として東京はじめ日本国中に販売されたそうですが、この商品名「マルセイバタ」どこかで聞いたことはありませんか?
ちなみに「マルセイバタ」販売当時のラベルです↓
130307-2.jpg

これもまた、どこかで見たような??

北海道土産は数あれど
誰もが一度は食べたことがある

もちろん、コレ↓「マルセイバターサンド」です。
218039015e68-4e40-4da3-adfd-61bc103da21d_m.jpg

「マルセイバターサンド」を製造する六花亭と晩成社は無関係ですが、やっぱり、北海道で初めてバターを作ったことに敬意を表して「マルセイバタ」のラベルを使ったみたいです。
このお菓子の包装紙がなんとなくレトロ感あるのは、そのためだったんですね~


さて、勉三さんの銅像が建っている中島公園の真正面に「帯広柏葉高校」があります。
この高校の卒業生は すごい!
中島みゆき ドリカムの吉田美和 TBSアンウンサーの安住紳一郎 などなど

話しは あらぬ方向に・・・
勉三さんの和歌にある「風吹かば吹け 浪立たばたて」って正岡子規が海軍の友達に贈った有名な歌「戦をも 厭わぬ君が 船路には 風吹かば吹け 波立たば立」のパクリ??
司馬遼太郎さん原作「坂の上の雲」をNHKで放送した時も香川照之さん演じる正岡子規が、この歌を詠みました。
時代的に依田勉三と正岡子規の生きた時代はかぶりますが・・・

しかし~
私が大学の卒論で書いた一休さんの短歌です。
「有漏路(うろじ)より 無漏路(むろじ)へ帰る 一休み 雨降らば降れ 風吹かば吹け」

やっぱり、勉三さんも子規さんも 一休さんには敵わない。


会津若松に振っている雨は、夜更け過ぎに雪に変わるそうです。


スポンサーサイト



雑感・ひとりごと | 21:12:33 | コメント(0)